介護事業所の必須要因!サービス提供責任者の求人を探すなら

welfare.com

求人でも引く手数多の役職!サービス提供責任者

介護事業所の必須要因!サービス提供責任者の求人を探すなら

男女

介護サービスの必須人員

訪問介護サービスを提供する各事業所が必ず配置しなければならない役職がサービス提供責任者です。こちらはサービス利用者と接する介護士やヘルパーをディレクションする管理職的な役職で、法律で配置が義務付けられる必須人員となっています。

車椅子

資格が必要な専門職

サービス提供責任者は、指定された条件を満たしている方しか就くことの出来ない役職です。まず、介護福祉士や保健師、看護師、准看護師の資格を取得している方はサービス提供責任者として働くことが出来ます。また、「実務者研修」と呼ばれる研修を受けた方も、サービス提供責任者として働くことが出来ます。

介護士

仕事内容とは

サービス提供責任者は、ヘルパーやケアマネージャーと協力して、訪問介護のサービス内容を利用者ごとに計画していきます。「一人で身の回りの事ができるようになる」といった目標を設定し、その目標と過程を家族に説明するまで行なうのが仕事となっています。

老人と介護士

どうやって求人を探す?

介護職の中でもサービス提供責任者限定の求人を探すには、募集要項に「サービス提供責任者」や略語の「サ責」と書かれた求人を重点的に探すと良いでしょう。ただし注意が必要な点として、介護報酬の減額対象である「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了者」は対象外の求人もあります。そのため、募集要項を事前によく読んでおきましょう。

求職から働き始めるまでの流れ

介護施設

まずは事業所探し

求人サイトや雑誌などで上述した「サ責」の記述が無いかを検索してみましょう。サービス提供責任者の求人は一般ヘルパーとは分けてある場合がほとんどです。また、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了者は不可」などの記述があるかどうかも見ておく必要があります。

職場見学が出来る事業所も

就職希望者向けに職場見学を実施している事業所もあります。職場の設備や雰囲気、環境について気になる方は、見学可能かどうか伺ってみると良いでしょう。

面接と筆記試験

面接を行って合否通達を待つのは一般的な就職活動の流れと一緒です。ただし雇用形態にもよりますが、正社員雇用の場合、筆記試験(一般教養・小論文等)がある場合もあるため注意しましょう。

合否判定、就業開始

面接や試験に合格した後は、晴れて就業開始となります。スクラブなどの衣服は提供される場合がほとんどですが、稀に購入を求められることもあるため確認しておくと良いでしょう。

広告募集中