都心部に集中!医療事務の求人が多いエリアで働こう

welfare.com

求人だけじゃわからない医療事務の仕事内容について知ろう

無くてはならない存在

医師や看護師と並んで病院に無くてはならない存在が、医療事務職員です。医療事務とは利用の現場で「診察、治療、看護」といった専門的な業務以外の事務作業を担当する職員を指します。

医療事務職員の主な仕事内容

  • 院内・院外の清掃
  • 来院患者の受付・会計
  • 患者への問診
  • 電子カルテの入力
  • レセプト(診療報酬請求)業務
  • 電話応対

都心部に集中!医療事務の求人が多いエリアで働こう

PC操作

必須資格の無い仕事

医師になるには医師免許が必要ですし、看護師になるにも看護師資格を取得しなければいけません。しかし、医療事務になるために必須とされる資格はなく、誰でも目指せる仕事と言えます。

PCと女の人

医療事務の求人は都心部が多い

大阪などの都心部は、医療事務の求人を多く見つけることが出来ます。総合病院のような大きい病院が多いため、必要とされる事務職員の数も他に比べて多く、また単純に病院数が多いことも求人の数に影響しています。

パソコン

大病院の方が働きやすいとの意見も

都心部に目立つ大きい病院の方が、医療事務の仕事はやりやすいという意見もあります。小さい病院は働く人数自体が少ないため、人間関係が合わないと居心地が悪く、ストレスも大きくなってしまいます。しかし大きい病院の場合は一般企業に近い感覚で働けるため、多少合わない人がいても大きなストレスにはならないのです。

女の人

医療事務にも資格はある

医療事務に国家資格は無いですが、取得することで就職に有利となる民間資格は存在しています。「医療事務管理士」「医療事務認定実務者」などの資格を取っておけば、就職の際に有利に働くでしょう。

広告募集中