welfare.com

就職・転職の人気株!薬剤師や介護士の求人

年々増加する医療・福祉系求人

「高齢化社会」という言葉をよく耳にするようになった昨今では、医療・福祉といった命や健康に関わる仕事の需要も高くなっています。2000年代から2020年代までの間に2倍近くの市場規模に成長することが見込まれていることからも、今後安定した職業になる可能性は高いと言えるでしょう。

今後需要が高まる医療・福祉系の仕事ランキング

老人と介護士
no.1

介護士

現状で既に人手不足と言われている介護士ですが、今後さらに人材が不足すると言われています。戦後のベビーブーム時に生まれた団塊の世代が今後10年以内に75歳以上となるため、この10年で介護が必要な高齢者の数は大幅に増えると言われているのです。

no.2

理学療法士・作業療法士等

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリテーション系の仕事も、需要が増えるでしょう。病気の後遺症や加齢によって生活の質が低下した方にとって、これらの職種の方は希望とも言える存在です。

no.3

医師

医療機関にかかる方が増えるため、相対的に医師も人手不足になることが予想されます。ただし、今後10年間で在宅医療を推進する政府指針も示されているため、介護職等に比べると増加幅は大きくないでしょう。

no.4

薬剤師

医療機関にかかる方が増えると、それに伴い薬を取り扱う薬剤師の需要も増えていきます。薬局やドラッグストア、はたまたコンビニなど薬剤師を必要とする現場が増えていることから、転職先に困らない職業になる可能性は高いでしょう。

no.5

看護師

来院患者や入院患者の看護を行なう看護師も、重要度の高い職種になると言えます。今後は女性だけでなく、男性看護師も増えていくでしょう。

求人が多い今だから出来る介護士への転職!

薬剤師

求人はどんどん増える

医療・福祉系の求人は年々増加しています。特に介護士の仕事は、常に人手不足と呼ばれるほど働き手を欲しているのです。介護福祉士等の国家資格を取得していれば、転職に困ることは無いでしょう。

車椅子

職場を選べるように

求人が増えて売り手市場になれば、就職先を働き手が選べるようになります。現状でも介護職は売り手市場となっているので、就職先はよく比較検討してから決めるようにしましょう。

介護施設

就職先選びのポイント

就職先を選ぶ際に重要なポイントは、離職率が高いかどうかです。特に介護系の仕事は勤務形態や人間関係によって離職する場合が多いので、面接を受ける際には離職率や、勤務形態に伺っておくと良いでしょう。さらに、可能であれば介護施設の職場見学を行ない、職場の雰囲気や入居者との接し方も見ておくと良いです。

[PR]
医療事務の求人を大阪で確認
働きやすいところが見つかる

今のうちに就職・転職活動を

医療・福祉の業界に就職する若者も増えてきています。そのため、年数を重ねるごとに売り手市場は落ち着いていくことが予想されます。少しでも高賃金・高待遇の働きやすい職場を選ぶため、就職・転職活動は早めに行なうことが大切です。

[PR]
介護の求人が出ている
まずは面接に行こう!

広告募集中